top of page
  • hajime tobita

秋空とカメムシ

更新日:2021年3月15日

これは、一昨日の秋空です

何と言う種類なのかは知りませんが、秋の雲は姿形を次々と変えていき

自然が作る芸術品の様です^^

ふと足元を見ると

《カメムシ》!

最近よく見かけます^^;

奴らの天敵はカエルや、カマキリ…らしいですがカメムシが絶滅しても生態系には何の異常も起きないなら絶滅してくれ!

これは、よく洗濯物についてるカメムシですが、

田んぼで見かけるミドリ色のは稲の葉や茎から汁を吸って稲を枯らす害虫の何者でもありません。。。

暖冬による越冬は勘弁してほしいものです^^;

ここ数年、まとまった雪が降らず、生活していくにはありがたい事ですが、雪が積もらないことにより、山に水が蓄えられなくなり、水不足になったり、害虫が死なず生きながらえて、害虫被害や、害獣被害にもつながっていきます。

本来の自然の姿が戻ってくるように、自然環境を大切にしていきましょう!


京都産コシヒカリ 京都のお米 京都米

おいしいお米 贈答品 京野菜 ふくこめ とどろき






閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page