ふくこめについて

​ABOUT

ふくこめについて

ABOUT

京都産の上品な味わいのコシヒカリをお届けいたします 

「ふくこめ」は、京都府北部の丹波地方に位置する福知山市夜久野地区で栽培しています。

その地域は、米を中心に黒大豆・小豆・紫ずきんなどの栽培を行っている農家数238戸、農地面積105ヘクタール、集落数12の中山間地域。 

「京力農場づくり事業」に参画し、集落営農組織などを育成するための支援を行っています。

(株)末広ライスセンターを核とし、5つの営農組合を基本に地区内の30農家を位置づけて作成し、将来の面的な農地集積を積極的に進めていくことを想定しています。

「ふくこめ」は、牧川の支流の水を使って特別栽培米として育てたお米です。
※特別栽培米:化学肥料、農薬を通常使用量の半分で栽培された米


水は源流の水で、生活排水などが全く入らず、綺麗な水で栽培しています。
源流分にあるので、水温が低く、水稲の栽培に本来は向かないのですが、
水温が低いので、食味はその分大変良くなります。

(栽培量は少なくなります)


土は粘土質で作土が深く、米の栽培に大変向いています。

 

お米の購入はこちら

ふくこめお試し3kg

『自然農法』で育てられた安心・安全で美味しい京野菜もどうぞ

京野菜は京都府で取れる野菜全般を指します。

一般的な改良品種に比べて京野菜はビタミンやミネラル・食物繊維を豊富に含むといわれてます。

伝統的な京野菜、九条ネギ(葉ネギ)や、水菜、万願寺とうがらし、堀川ごぼう、金時人参など、京都の伝統野菜なども含まれます。

また土地柄、丹波栗や、丹波松茸・丹波の黒豆・丹波の黒豆枝豆・丹波大納言小豆などの全国的に有名な食材も多くあります。

京都は宮廷があったこともあり、色んな種類の野菜などが全国から集まり、京都全般の気候風土にあった食材が独自の品種改良などもあり、発達してきた経緯があります。

京都の料亭などの、素材を活かす調理方法も相まって、より美味しい食材の開発が進められて、現在の京野菜のルーツができました。

京野菜の購入はこちら

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterestの - ブラックサークル

​購入時に、次回使えるクーポンコードをお送りいたします!

​→ クーポンコードの使い方はこちら

​連絡先

京都府福知山市夜久野町末496​ ​ ㈱末広ライスセンター

fuktokyooffice@gmail.com

Fax: 0773-37-1148    Mobile  :090-8684-2750

fukutan_banner.jpg
fukuchinavi_banner.jpg

© 2020​ ふくこめ