top of page
  • hajime tobita

彼岸花

更新日:2021年3月15日

彼岸花


朝晩はとても涼しくいつまでも寝てられます^^;

このまま「布団」と化したい気分になります。


田んぼの畦道に一面に咲いてた『ヒガンバナ』

が今年は暑さのせいなのか本数が少ない気がします(_ _)

ヒガンバナと聞くと、あまり良い印象を持たないですよね…

「家に持って帰ったらかじになる」

「死人が出る」

とか。。。

学校の帰り道でヒガンバナを折って持ち帰ると、怒られた記憶があります^^;

《地球村》の代表の方がこんなお話しをされてました…

昔、食糧難だった時代に口減らしの為、ヒガンバナを持ち帰り強い毒をもってる球根を心が張り裂ける思いで高齢の親に食してもらってた…とかTT

残酷な話しです(涙)

これあくまでも諸説ですからね。。。

でも球根に毒がある事は知られてますから、田んぼの畦道に植わっているのは、土の中に侵入してくる有害獣の防止策だと思うんです。

スイセンもそうです。

スイセンの葉がニラにそっくりで食中毒の話しはよく耳にします。

妖艶に咲くヒガンバナの本当の正体はわかりませんが色んな意味で人を惹きつけます^^


京都産コシヒカリ 京都のお米

おいしいお米 京野菜 ふくこめ とどろき





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page