top of page
  • hajime tobita

雑草も生えるおいしい田んぼ

更新日:2021年12月15日

10月の中頃に秋の田起こしをして、もうこんなに雑草が活き活きと生えてきよります>.<

まぁ、雑草も生えんような田んぼでは美味しいお米は獲れんでなぁって。。。よく亡くなった祖母が言ってました^^

稲刈り後の田起こしは、有機肥料を撒いてから、出来るだけ早く鋤き込み作業をします。地温も高い間は、微生物も活発ですからねー

オーナー様の大切な田んぼですから、土作りには余念がありません。

お米作りの基本は、健康な土壌作りから始まります^^

量より質!

全ては美味しいお米をご提供するため、オーナー様に代わって農作業に打ち込んでいます^^

豊かな自然の恵みをいただきながら!

食の安心安全 京都産コシヒカリ 豊富 京都米 有機米 有機栽培 丹波産こしひかり 京野菜 

贈答品 京都 おいしいお米 ふくこめ 無農薬の野菜 夜久野 京都産 丹波黒豆  田んぼの土を化学する こしひかり 丹波の特産品 万願寺とうがらし 丹波 自然農法 田んぼオーナーシップ 有機の里 丹波栗 黒大豆の枝豆 丹波米 京都観光スポット おいしいお米の炊き方 京都丹波産 kyoto kyotofood







閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page