top of page
  • hajime tobita

農家にとっての厄介者

更新日:2021年3月15日

昨日は久しぶりのまとまった雨でした。。。

家の裏は山からの水が滝の様に流れ、しばし眺めてました^^;

って事は田んぼの排水路にも水が溜まってるはず!

午前中に波板や、杭、諸々…タワシで綺麗に洗ってきました〜^^

来年の春に、また活躍してもらわなあかんので、ちゃんと後始末しとかなねー。


それにしても休耕田や稲刈り後の田んぼには鹿の足跡が無数に(@_@)

山には金属柵がびっしり張ってあるのに何処からやって来るのか…

猟師さんも高齢で随分少なくなってきてますから

鹿の繁殖力の方が圧倒的に勝ってしまってるんですね(TT)

なんなら、免許とって撃ちまくろかな。。。

『鹿』と聞いただけで拒絶反応起きます •̀ㅁ•́;

まぁ人間も奴等の住処を占領し山を壊してるわけですから。。。

上手い事付き合っていくしかないですね^^;


京都産コシヒカリ 京都のお米

おいしいお米 京野菜 ふくこめ とどろき






閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page