top of page
  • hajime tobita

秋の田おこし!

更新日:2021年12月15日

秋の田起こし!

二番穂も綺麗に刈り取り、有機肥料もたっぷり撒けたんで、いよいよ田起こし開始!

この時に撒く有機肥料は、主に畜産農家からの糞や醤油の絞りカス、小麦、ヌカ等などを十分に発酵させたものです。

これを田んぼ一面均等に撒くんです^^

田起こしの目的は、土の中に空気を入れて乾燥させ、微生物によって有機物を分解しやすくする為なんですねー

時期も暖かい方が微生物やミミズ等が活動的なので、土の中の養分を作り出す為には、秋起こしはとても重要なんです。

トラクターの爪は全部で32本装着してるのですが、磨り減ってる爪では、土を細かく砕いたり深く鋤き込む事が出来ないので、全て新品交換!

「まだまだ交換せんでも大丈夫…勿体ないでよー」

なんて言われながらも、ここは、妥協なくやっとかないとね^^

おかげで綺麗に鋤き込めました!

土壌作りに余念はありません^^

今年の新米をご購入くださったオーナーシップのお客さんからも沢山の有り難いお言葉をいただき、米農家にとっては嬉しい限りです^^

『美味しい!』の言葉が、来年度のお米作りに繋がっていく活力!

一つひとつの手間が美味しいお米になっていくんですね~

米農家のプライドをかけて来年度もエイエイオー!

食の安心安全 京都産コシヒカリ 豊富 京都米 有機米 有機栽培 丹波産こしひかり 京野菜 

贈答品 京都 おいしいお米 ふくこめ 無農薬の野菜 夜久野 京都産 丹波黒豆  田んぼの土を化学する こしひかり 丹波の特産品 万願寺とうがらし 丹波 自然農法 田んぼのオーナーシップ 有機の里 丹波栗 黒大豆の枝豆 丹波米 京都観光スポット おいしいお米の炊き方 京都丹波産




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page