top of page
  • hajime tobita

秋の景色 VOL,2

更新日:2021年3月15日

秋の景色

はい!秋の風物詩第二弾!

今にも弾けそうな《栗🌰》

《稲藁干し》

3匹の子ぶたに登場する藁の家みたいで、何だかメルヘンチックです^^

見た目はそうですが作業は、そらもう大変やと思います。。。

こんなきれいな三角錐に積んでは雨に濡れてまた解体して干すという事を繰り返し繰り返しされてるんだと思います😆

藁のつかい道を先人たちは知識として持っていた事にビックリです。

不便な生活の中で知恵がどんドン多くなり現在まで受け継いできたこともそれを繋いでいく方々も立派でと思うんです。

その背中を見て育つ子供達は、きっとお米の大切さも労いの言葉の大事さもわかる大人になると信じてます^^

この自然界で学べる事は

数えきれないと思いますよ^^♪

多少不便はあっても決して不幸ではないんだと思いますね~^^


京都産コシヒカリ 京都のお米

おいしいお米 京野菜 ふくこめ とどろき






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page