top of page
  • hajime tobita

田んぼの水抜き

更新日:2021年3月15日


京都の北部 福知山市 旧三町(夜久野町、三和町、大江町)には、自然と、

タイムスリップしたような大自然の光景がまだ残ります。

そんな三町には、もちろん綺麗な湧水を送り出す山があります。

京都産コシヒカリ や、京野菜を作るには、必要不可欠な綺麗なお水。

田植えをしてからかれこれ40日ほど経つと、今度は水抜きをします。

田んぼの脇に水路を作ってやり、水を抜いて行きます。

田んぼには、アメンボがスイスイと泳いでいます。

この水抜きをしないと、稲の株が増えすぎて、実がならなくなってしまします。

田んぼの土作りから始まり、苗を育てて、3月頃からこの光景を見かけてはや3ヶ月が経ちました。

そして、苗も順調に育っています。


この福知山は盆地で、回りを山で囲まれています。

そして、一級河川が流れる土壌。

10月中旬頃から3月にかけては、どの山からも雲海が望めます。

雲海で有名な大江山、三岳、夜久野の宝山、烏ケ岳、鬼ヶ城などいたるところから望めます。また、川からは、朝霧が立ち込め、なんとも神秘的な光景を見ることができます。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page