top of page
  • hajime tobita

田んぼのオーナーシップ diary5

更新日:2021年12月15日


いよいよ穂が出揃ってきました!

稲は、苗が成長して、穂を出すまでの『成長期』と

その穂に栄養を溜め込んでいく『登熟期』があります。

まさに登熟期になりつつあるんです^^

この登熟期の初期は、籾の中にお米は固くなっていないミルク状態で、甘いんですねー

ずる賢いスズメ達は、それを知ってるんでしょうか。。。

この時期になると団体で吸いに来よるんです>.<

困ったもんです。。。

あまり酷い様なら、例年の様にギラギラテープで抵抗するしかないです!

で、

私達が食べるお米は、このミルクが固まったもんなんです^^

稲は、登熟期に晴天が続くと光合成が盛んに行われ、また夜間は気温が下がり、所謂、寒暖差がある方が甘く美味しいお米を作る事ができます^^

この理想的な環境下で育てることが出来るんやから、そら美味しいはずです^^

品質の良さは、自然豊かな風土と水、そして何よりお米に対する愛情でしょう!

食の安全 食の安心 京都産コシヒカリ 元伊勢外宮 京都米 有機米 有機栽培 特別栽培米 京野菜 贈答品 京都 おいしいお米 ふくこめ 京都グルメ 海の京都 京都有機米 夜久野 京都産 豊富(とよずみ) 銀河鉄道999 こしひかり 京都散策  いがいと福知山 とどろき 丹波黒豆 自然農法 田んぼのオーナーシップ 森の京都 福知山 京都観光スポット






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page