top of page
  • hajime tobita

有機の田んぼ日記 3

更新日:2021年3月21日

朝日の中にポツポツと見える家の灯りが大自然の演出効果を出してます^^

山々の景色は、四季折々に様々な姿で楽しませてくれます^^

そんな恵まれた土地で大自然の恩恵をいただきながらお米を作っていけるのは本当に有り難い事です。

たっぷりと雪解け水を含んだ山々からの清水に、有機質の土壌作りで育てるお米は、遙か昔からある稲作と何ら変わりありません。

発酵も微生物の頑張りで色んな食べ物に変身して私達は健康を維持できています^^

土壌も私達の身体と一緒だという祖母の栽培方法はとても理に適ってると思うのです。

三世代先いや、そのずっと先まで安全なお米を作り続けてきた先人達の思いを私達は受け継ぎ、必ずや守って行かなければならないのです^^


食の安全 食の安心 京都産コシヒカリ 京都のお米 京都米 有機米 

特別栽培米 京野菜 贈答品 京都 おいしいお米 ふくこめ とどろき 

京都有機米 夜久野 京都産 豊富(とよずみ) 銀河鉄道999





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page