top of page
  • hajime tobita

有害獣被害

更新日:2021年3月15日

いったい何頭の鹿が歩き回ってるんかな。。。

一生懸命作った農作物を

食べたり、車との接触事故であったり

有害獣被害はあとを絶たない(ーー;)

ある情報番組で熊本農家ハンターっていう特集をやってました。

130人で構成される農家ハンターは

高齢化して過疎化していく農家を何とかして有害獣の駆除をし農業を立て直す取り組みをされている方達です。

イノシシは外来種ではなく在来種なんで、バランスの崩れている所を元々、山にいたものであれば山にいてくれたらいいし、山におらず里におりてきてしまったイノシシを捕まえる。

ITを駆使して日夜進化をし続けてる理想の集団なんです^^

その中の一人のハンターが、こんな事言っておられました。

『今から農業をやろうという人が裕福になる事を捨てなければいけない雰囲気、使命だけでやらなきゃいけない雰囲気

年々時代を追うごとに農業への農家へのリスペクトが無くなっていると感じた』

まさしくこれ!

食べる事ができなくなると、人は生きていけない。

農業の大切さ、農業をする人に対する理解と感謝をもっと持たないといけないと思う!

環境の変化に進化が追いついていけるか^^;

奴らは結構、頭脳犯ですからねー

11/15から狩猟解禁!

期待してます^^


京都産コシヒカリ 京都のお米 京都米

おいしいお米 贈答品 京野菜 ふくこめ とどろき




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「日本は餓死しない!」 先日の地方紙に載せられた記事に、日本は餓死する!世界で一番最初に餓えるのは日本だと>.< その記事の中にこんな事も書いてありました。 田んぼは国土を守る役割も担っている!とも。 そうなんです^^ 日本の田んぼの殆どは水田耕作です。 水無くして田んぼでの稲作は出来ません。 水源涵養効果と言って、山に木を植えて洪水を調整し地表の水が土に染み込んで地下水になることを涵養(かんよう

bottom of page