検索
  • hajime tobita

堆肥を作っています

更新日:3月15日


こんにちは

京都の北部 福知山市夜久野町 

有機の肥料 堆肥を作っています。

昨年の脱穀の籾殻と牛糞を混ぜて、堆肥を作っています。

数日すると、発酵して、湯気が上がります。

この有機の肥料を撒いて、土を元気にして、美味しい作物を作って行きます。

作る量が半端でないので、このような作業をしています。

今月の末に収穫予定の夏ムラサキや、また10月に収穫の黒ムラサキなどの黒大豆や、

ほうれん草、作物を植える前には堆肥(有機肥料)をまいて、土に栄養を与えています。

目に見えない作業があるから、美味しい安心、安全な作物が育って行きます。


今は夏野菜の収穫時期で、色とりどりの美味しい夏野菜たち(京野菜)も取れ始め、

体に元気を与えてくれます。

土がいいから野菜も安心安全で美味しい。

5月から6月のはじめにかけて田植えをした稲等も順調に育っています。(ふくこめ)

作物は、農家の努力の結晶

毎日、コツコツと田んぼや畑に出て、夏場の今は、草刈りに追われたり、日々自然の恵みの中で、自然農法で安心、安全な京野菜とお米を育てています。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示