検索
  • hajime tobita

おいしいお米の炊き方

農家めしの我が家流炊き方〜


以前にも紹介しましたが、新米をより美味しくいただくには、やはり炊飯までの下処理です。

正確な量を計ったら、

最初の一回目は、サッと洗います。

精米された米のゴミや糠を落とす為です。

2回目は、『研ぐ』というよりも『洗う』と表現した方が正解やと思います。

我が家流は、右回りで優しくやさしく洗います^^

右回りは何の根拠もありませんけどね^^;

あとニ、三回同じ洗いをして

最後は新米だから水加減を少な目とかしません。

かつて、お米の水分量には差があったのですが、今は、乾燥機の技術も上がり15%程度と一定。

それに加えて精米機の技術も昔と違って、随分と進化し続けてます。

なので、研ぎ方や炊き方も変化してるんです^^


そして最後に氷を2,3個入れて浸水し最低でも30分はおいてから炊き上げます。

炊きあがった米は、素早く水分を飛ばすために

十文字にブロック分けして蒸らします。

なんと言っても主役はご飯!

いただきま〜す^^♪


京都産コシヒカリ 京都米 京都のお米

おいしお米 おいしいお米の炊き方 京野菜 ふくこめ とどろき







2回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterestの - ブラックサークル

​購入時に、次回使えるクーポンコードをお送りいたします!

​→ クーポンコードの使い方はこちら

​連絡先

京都府福知山市夜久野町末496​ ​ ㈱末広ライスセンター

fuktokyooffice@gmail.com

Fax: 0773-37-1148    Mobile  :090-8684-2750

fukutan_banner.jpg
fukuchinavi_banner.jpg

© 2020​ ふくこめ