検索
  • hajime tobita

『全身全霊!』をかけて稲を育ててます!

『全身全霊!』をかけて稲を育ててます!

そんな大袈裟な。。。って思われるかも知れませんが、稲を育てていくには刈り取るまでの期間は、全て種まきからの日付から計算されて、作業を起こし植え付けに至るまでは、最も大切な土壌作りに専念するんです^^

いきなり三階建の家が建たないようにまずは、土台の基礎作りが大切!

田んぼの土を団粒化構造する事によって、土中の通気性、通水性、保水性を推進してやり理想的な土壌作りをします。土中の微生物は、腐植を食べて土の粒同士をくっつけるノリの役目をする排泄物を出します。ミミズは腐植を食べてカルシウムたっぷりの有機物と土の混合物を分泌するんです。こうして粒同士がくっついて土の間に隙間を作り出すという、何とも素晴らしい自然の摂理!

今年も有機肥料をダンプ6台分散布してからの秋の田起こしをしたので、きっと来年度も美味しいお米に育ってくれるでしょ~

全身全霊をかけて作るぞ!

自然に感謝^^

食の安心安全 京都産コシヒカリ 豊富 京都米 有機米 有機栽培 丹波産こしひかり 京野菜 

贈答品 京都 おいしいお米 ふくこめ 無農薬の野菜 夜久野 京都産 丹波黒豆  田んぼの土を化学する こしひかり 丹波の特産品 万願寺とうがらし 丹波 自然農法 田んぼオーナーシップ 有機の里 丹波栗 黒大豆の枝豆 丹波米 京都観光スポット おいしいお米の炊き方 京都丹波産 kyoto kyotofood








1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示